投資初心者が50歳から始めた資産運用についてのブログ

地方企業の技術系社員です。2011年から投資を始め、紆余曲折を経て、2016年末から高配当投資にたどり着きました。少しでも老後の足しになるように、チャリンチャリン投資を目指してます。FP2級です。

先週は SPYD (SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式)を購入しました!



スポンサーリンク



こんにちは。えすけです。

”オーストラリア総選挙は、与党・保守連合自由党・国民党)が勝利する予想外の結果となった”とブルームバーグが伝えてますね。事前予想では左派が有利との見方だったそうです。ブルームバーグが伝えるところによると株式市場によい結果をもたらすとありましたので、小さいながらも個人投資家としてはいい結果ですね。

ところで、先週は SPYD (SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式)を購入しましたので、本日はこの話を。

こんなサイトも運営しています。まとめ的になってますので、よろしければ読んでみてください。

investment-from-fifties.information.jp



スポンサーリンク



先週はSPYD (SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式) を購入しました。SPYDはいわゆる高配当米国株式ETFになります。私の投資先グループでは米国高配当ETFというグループになります。

高配当米国株式ETFとしては、VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)、HDViシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)、DVY(iシェアーズ好配当株式ETF)、SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式) などがあります。ちなみに私は少しづつですが、全部持ってます 笑

直近の配当利回りでいうと、SPYDが一番高くて3.6%程度、HDVとDVYも同じぐらいの3.5-3.6%、VYMは3%ぐらいでしょうか?VYMが低いのは400近い銘柄に分散しているからでしょうね。SPYDは50銘柄、HDVは75銘柄、DVYが100銘柄ぐらいですから、どうしてもVYMは配当が少なめになるのは致し方がないかと。

ということで、個人的なことでしょうもない話ですが、私はVYMはただの米国株式ETFということにしています。

銘柄分析は、米国株式ブログ界隈で最も信頼を寄せられていると思われる”たぱぞう”さんのサイトから。

www.americakabu.com



最後に、本当は新興国株式ETFか高配当債券ETFを買う順番だったのに、株価が下がっているのを見てついSPYDを購入してしまったことを告白しておきますね 笑

それでは。

スポンサーリンク



にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村