投資初心者が50歳から始めた資産運用についてのブログ

地方企業の技術系社員です。2011年から投資を始め、紆余曲折を経て、2016年末から高配当投資にたどり着きました。少しでも老後の足しになるように、チャリンチャリン投資を目指してます。FP2級です。

日本の中古自動車の価格も上がっているそうですね。



スポンサーリンク



こんにちは。えすけ( @esuke17 )です。

緊急事態宣言は更に拡大と延長になるようですね。

ワクチン接種が進めば改善されると思っていましたが、なかなか思うようには運びません。

ある程度のところで、折り合いをつけないと、経済が本当に駄目になってしまうような気がしています。



ところで、日本の中古車の価格も上昇しているという事で、本日はそのお話を。





スポンサーリンク





投資に関して自分の考えをまとめた、こんなサイトも運営してます!

投資初心者が50歳から始めた資産運用についての備忘録



スポンサーリンク


ネットで見かけたのですが、日本の中古自動車も価格が上昇しているそうですね。

考えてみれば当たり前ですが、半導体不足で自動車の生産が少なくなって供給不足が発生し、それに伴って中古車価格も高騰します。

コロナ禍以降、このような供給不足による価格高騰というものがあちこちで見られるのではないでしょうか?



ウッドショックというものが先ごろ発生して木材価格の高騰という事態が起きていました。

当然、新築住宅の価格高騰の原因になります。

アメリカではこれが中古住宅の価格高騰にもつながっているそうですね。

私の職場では材料調達を担当しているものがいるのですが、最近は原材料の高騰に伴う値上げの話ばかりだといっていました。



日本では長らくデフレという事で物価が上がらない現象が続いています。

でも、海外はインフレで価格が上がっていきます。

そうなると必然的に輸入品の値段は上がりますよね。

最近では小麦などの値上げが発表されていました。



また、ステルス値上げといって値段は一緒でも内容量が減るという姑息な手法も横行しています。

セブンイレブンはだいぶんこの件で叩かれてましたよね。



このように考えると、日本はデフレだといっても海外の影響を受けないわけではありませんし、実際にコロナ禍以降は供給側がタイトになって価格の高騰がみられています。

やはり、インフレ対策を考えるべきで、預金だけに頼るのは危険ですね。

皆さん、しっかり投資を行いましょう。