投資初心者が50歳から始めた資産運用についてのブログ

地方企業の技術系社員です。2011年から投資を始め、紆余曲折を経て、2016年末から高配当投資にたどり着きました。少しでも老後の足しになるように、チャリンチャリン投資を目指してます。FP2級です。

11個の投資先グループ (私のポートフォリオ?)



スポンサーリンク



こんにちは。えすけ( @esuke17 )です。

日に日にコロナ患者が増加していますね。

私の住んでいる地域もかなり増えてきました。

この調子では、年末年始は予定通り巣ごもりになりそうですね。

ところで、今日は私が行っている投資先グループについて、一旦まとめてみたいと思います。





投資に関して自分の考えをまとめた、こんなサイトも運営してます!

投資初心者が50歳から始めた資産運用についての備忘録



スポンサーリンク



私の投資の目標は、老後のキャッシュフローの確保です。

2016年の年末に 『定年時に2000万円の高配当商品を保有し、4%の利回りで約5万円/月の配当収入を得る』 という目標を立てました。

(まるで老後2000万円問題を予言したような目標ですね 笑)

この目標に向かって、10種類の投資先を作って、そこに均等に投資するという事を行っています。

ちなみに、しばらく前に投資先グループをひとつ追加したので、現在は11種類になっています。



その投資先グループは以下のようになっています。

①米国株式: 米国の個別株などのグループで、なぜかVYMもここに入っています。

②米国高配当株式: HDV、SPYD、DVYと、米国の高配当ETFのグループです。

③米国増配株式: VIG、SDY、DGRWと、米国の連続増配株式ETFのグループです。

④米国優先株式等: PFF、SRLNのグループです。もともとはこの中のPFFが投資先のメインでした。

⑤その他先進国株式: ADRの個別株とEPPのグループです。欧州の高配当株式ETFがあったら組み入れたいなと思っています。

日本株式: 日本の高配当株式ETFは配当がいまいち高くないので個別株が中心です。

新興国高配当株式: DEMとDGSの二つのETFで構成しています。新興国ボラティリティが高いと思っているので、将来的にもETFのみと思っています。

ここまでが基本的な世界の株式に投資する部分になります。



そして、ここからはその他の投資といった感じでしょうか?

⑧各国REIT: RWR、RWX、SRETと、全世界のREITを購入しています。

⑨BDC個別株: ARCC、MAIN、PSECと3つのBDC銘柄を購入しています。将来的にはBIZDにまとめたいなという思いもあります。

⑩特殊高配当: YYY、SDIV、QYLDという3つの高配当商品のグループです。いまいちよく判っていない商品が多いです 笑。

⑪高配当債券: VCLT、JNK、IHYという3つの債券ETFを購入しています。ジャンク債中心ですね。



こうしてみると高配当中心にしてますが、結構リスクをとっていますね。特に後半のあたりが 笑。

ですので、もう少し資産が大きくなってきたら、債券ETFのグループを増やそうかなって思っています。

引き続き、高配当中心に種銭を積み上げて、チャリンチャリンと配当金を受け取っていきたいと思います。



それでは。

スポンサーリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村