投資初心者が50歳から始めた資産運用についてのブログ

地方企業の技術系社員です。2011年から投資を始め、紆余曲折を経て、2016年末から高配当投資にたどり着きました。少しでも老後の足しになるように、チャリンチャリン投資を目指してます。FP2級です。

【読書】 国際関係アナリストの北野幸伯氏の『日本の地政学』を読みました。



スポンサーリンク



こんにちは。えすけ( @esuke17 )です。

本日からワクチン接種が始まりました。

順調にすすんで、はやく世の中がコロナの影響から逃れることができるといいですね。

一方で懸念されるのは、どれだけスピーディーに接種を勧められるかですが、大きな混乱がなく進むことを祈念しています。



ところで、投資とは関係ありませんが、国際関係アナリストの北野幸伯氏の『日本の地政学』を読みましたので、今日はそのお話を。





スポンサーリンク



投資に関して自分の考えをまとめた、こんなサイトも運営してます!

投資初心者が50歳から始めた資産運用についての備忘録





ソビエト連邦に留学して、長年ロシアから情報を発信してこられた、国際関係アナリストの北野幸伯氏という方がいます。

人物情報はウィキペディアを貼っておきます。

ja.wikipedia.org



私は中国共産党の世界覇権を本気で心配していまして、米中覇権戦争では何としてもアメリカに勝利してもらわなくてはならないと思っています。

中国が覇権を握る世の中になったら、日本は中国の属国として生きるしかなくなることでしょう。

今回読んだ北野さんの最新本 『日本の地政学』では、大戦時のイギリスとドイツの関係を、今の日本と中国の関係になぞらえて、どうしたら中国に負けないかが描かれています。

地政学の視点ですから、島国のイギリスと日本、大陸のドイツと中国という視点です。



問題だなと思うのは、日本国内はサイレントインベンションで、かなり中国に侵略されていることだと思っています。

特にマスコミや一部の政治家などですね。

ある意味、今の中国はナチスドイツと同様に考えてよいでしょう。

日本ではニュースになりませんが、ウイグル問題などに関連して、欧米諸国はすでに声をあげています。

しかし、すでに侵略されている日本のマスコミは、ほとんど報じません。

このままでは日本は間違った方向 (ナチスドイツと組んだように、今の中国と組む)に進まないか、とても心配です。



そのような現実と、戦略的にどうあるべきかを、地政学に基づいて解説してくれるのが、今回の『日本の地政学』です。

このような本がもっと売れて、みんなが読むようになると、将来的にも平和な日本が保てると思い、そうなることを切に願いますね。

とにかく直近の国内で問題なのは、2Fさんでしょうか?

本のリンクも貼っておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の地政学 [ 北野幸伯 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/2/17時点)




それでは。

スポンサーリンク


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村